こじらせ女子だらけの座談会!私たちこれで婚期を逃しました!

こじらせ女子だらけの座談会!私たちこれで婚期を逃しました!

24267candy
facebookをひらけば婚姻届けと一緒に写っている同級生、Instagramをひらけばこの前出産したばかりだと思ってた同僚の子供がいつの間にか保育園に入園してる…。
スマホから顔を上げて辺りを見渡すと…あれ?私、いつからひとりなんだっけ!?はああ…。今回は、そんな寂しいため息をつくことが多くなった「婚期を逃したアラサーこじらせ女子」を集めて座談会を実施。こじらせた女子がこじらせてしまった理由、結婚したいのにできない原因を探ってみた!

今回座談会に参加してくれたこじらせ女子

まみ(31)自営業

自宅作業が多いためコンビニの店員としか話さない日を過ごすフリーランサー  


なつみ(31)会社員

職場に出会いもなく、仕事が彼氏であり旦那でもあるビジネスウーマン


ゆき(30)契約社員

結婚願望のない年下男子とばかり付き合ってしまう今回最年少のオトナ女子  

ふとよぎる「孤独死」への恐怖

——結婚願望はいつからあった?

まみ:やっぱり仲の良い友達が結婚しだしてからかな?


ゆき:第一波が二十歳過ぎたくらいで、第二波が25歳過ぎた辺り、30歳になって第三波を感じてる……。


なつみ:私は今周りが出産ラッシュなんだよね。


ゆき:自ずと結婚ラッシュの後は出産ラッシュがくるよね。それと少し前までは同級生が結婚、出産してたのがどんどん年下の知り合いも結婚、出産し始めてるのを見ると焦る。


まみ:ご祝儀と出産祝いがイタいんだよね。


ゆき:もはや周りの幸せな人たちのために働いているみたいなところある


まみ:慈善事業じゃん(笑)!

——焦り以外に結婚したい理由は?

ゆき:孤独死したくない。


なつみ:切実すぎる訴え……。


ゆき:あと最近思うのは自分のために一生働くのに限界を感じてる。


まみ:私は人と会話が無さ過ぎて、誰かと一緒に暮らしたい。


なつみ:うんうん。仕事でしんどいことがあったときに支えてくれる人が欲しい。今までは電話で友達に相談とかグチも言えてたけど、みんな結婚しちゃったから気軽に電話もできなくなった……。    

——結婚したら仕事は続けたい?

まみ:仕事辞めたらアイデンティティを失いそうだから続けたいかな。


ゆき:私は旦那の稼ぎで生活できるなら喜んで専業主婦になる!


なつみ:結婚したらインスタビジネスとかしたい(笑)。子供用のフォトブースとか作ったりして細々でいいから追い詰められずにお小遣い稼ぎしたい……。


まみ:自分を食わすためだけに働き続けるって疲れるよね……。    

アラサー女子にとって年下彼氏は鬼門!?

——今までに結婚するチャンスはあった?

なつみ:全くない。


まみ:言い切ったね(笑)。


なつみ:仕事が楽しいと彼氏がいなくても生活が充実しちゃうから……。


ゆき:過去の彼氏とそういう話にはならなかったの?


なつみ:私が夜型で向こうが朝型で生活リズムが合わなかったりして別れちゃった。


まみ:私は過去に一回だけ『いつかは結婚できたらいいね』って言ってくれる彼氏がいたけど……。


なつみ:なんで結婚に至らなかったの?


まみ:彼の脱サラしてBarを開店する夢に付き合う体力がなかった。


ゆき:それはきつい(笑)。私は年下とばっかり付き合ってるからないな。


なつみ:元カレは学生だったんだっけ?


ゆき:うん。6こ下の大学院生。冗談で「別れるなら私が30歳のときまでにしてね」って言ったら丁度30になる直前でフラれた……。


まみ:誠実なのか非誠実なのかわからない……。


ゆき:3年半付き合ってたんだよね…。向こうはもうすぐ卒業でこれから新しい出会いがたくさんあるだろうなあと思ったら引き止める気力が起こらなかった。


なつみ:悲しいすぎる。    

——結婚相手に求めることは?

ゆき:安定!!!


なつみ:うん。精神と収入の安定だね!


なつみ:男の気持ちになると、今でこそ向こうもこっちに安定とか癒しを求めてたってわかるんだけど、若い頃はこっちも生きるのに必死だったから……。

今あの頃に戻れるなら、家庭を想像できるような女になりたい。当時は、向こうが仕事の愚痴とか言ってても、「私も、彼氏に負けないくらい働いてるし」っていう変なプライドがあったんだよね。


まみ:それは仕事好き女子のあるある。それじゃ彼氏も疲れちゃうよね。

今はこんなにも他人と寄り添って生きていきたいと思ってるのにねー。


なつみ:うん。辛いことは話し合って乗り越えたいよ……。


ゆき:多くは望まないから共に生きてくれる人であればそれでいいよね。    

婚活マッチングアプリなら「ペアーズ」か「ゼクシィ縁結び」

なつみ:とりあえずマッチングアプリに登録してる!


まみ:Tinder?


なつみ:ううん、Tinderはヤリモクが多いって聞くから登録してない。


ゆき:この歳で身体目的で会われるとか辛いね……。


まみ:アラサーにヤリモクで手を出すのは重罪。


ゆき:死刑だね。


なつみ:ペアーズで結婚した知人がいるからペアーズ登録してる。


まみ:へえ! ペアーズがいいんだ!


なつみ:身長とか収入とかで検索できるから、条件で探しやすいよ! あと私の先輩は、ゼクシィのマッチングアプリ『縁結び』の方でスピード婚した。会って2ヶ月くらいで。


ゆき:ゼクシィの『恋結び』じゃなくて『縁結び』の方?


なつみ:そうそう。会って2回目で結婚の話が出たって! 女性も有料なんだけど、1ヶ月で収穫があるらしい。まだ手を出せてないけど、検討中。


まみ:マッチングアプリでも目的がそれぞれ違うんだね〜。


なつみ:でも私の場合マッチングはするものの、相手に興味が湧かなくて会うまでに至ってない。


まみ:え?マッチングしたのに?


なつみ:「マッチングありがとうございます!よかったら仲良くしてください!」みたいなテンプレートの文面だと返信する気なくしちゃうんだよね。


まみ:(こじらせてる・・・) でも、会ったことない人になかなか興味湧かないよね。そんなこと言ってる場合じゃないんだけど。


なつみ:今のところ、仕事で落ち込んだときとか寂しいとき気晴らしにアプリ開いて自分の需要を感じてる(笑)。あ、まだ世の中に必要としてくれる人がいるんだって。


ゆき:その気持ちわかる! 需要感じたいよね。


なつみ:選べる幸せがあるって嬉しいよね。現実では選んでください、って感じだから……。    

最初から旦那として最適な彼氏なんて現れない!

——最後に、過去を振り返って結婚したい25歳前後の人へアドバイスをお願いします。

ゆき:彼氏とマンネリが続いているなら「もっといい人なんていない! 今の彼がベスト! 早く結婚しとけ!」って伝える。あと「年下の学生はやめとけ」かな(笑)。


なつみ:本気で結婚したいのに仕事が忙しすぎる人は、転職を考えたほうがいいかな〜。仕事が楽しいのも大事だけど、3年後どうしてたいかを考えて今を決めた方がいい。あとは、マッチングアプリで頭を無理にでも恋愛モードにすること。


まみ:私は、結婚相手は選ぶものじゃなくて後から育てればいいと思う。最初から結婚相手に最適な男子なんていない!


なつみ:確かに。人の旦那がよく見えるのは、奥さんが教育したからだよね!


ゆき:嫌なとこがあってすぐ次の彼氏を見つけようとするんじゃなくて、ある程度はこっちも根気が必要だよね。


まみ:今そうじゃなくても結婚適合者に2人でなっていけばいいよね。

 仕事に熱中しすぎたり、価値観の違う恋人と長く付き合い続けているといつのまにか女子はこじらせて孤独になる。彼女たちの悲しい現実を反面教師にすることが結婚の近道になるはず♡   


関連するまとめ

関連タグ

この記事を書いたライター

ランキング(恋愛)

デート前日に連絡がない!モヤモヤした気持ちをスッキリさせる方法4つ

デート前日に連絡がない!モヤモヤした気持ちをスッキリさせる方法4つ

付き合う前のデート前日。付き合い始めた頃のデート前日。 確認の連絡や楽しみにしているといった内容の連絡を彼から待ってしまう女子も多いのではないでしょうか?それなのに、全く連...

  • 恋愛

狙え恋のストライク!高校球児が惚れる女の子の特徴・4つ

狙え恋のストライク!高校球児が惚れる女の子の特徴・4つ

今年も高校野球が熱い季節がやってきた! グラウンドで真剣にプレーするあいつに、なんだかドキドキ... 高校球児の彼女ってどんな子?どんな女の子を好きになるの? 特徴を、...

  • 恋愛

【更新中♡】人生に大事な50音まとめ

【更新中♡】人生に大事な50音まとめ

お料理の「さしすせそ」のように、大切なものごとには50音にそったポイントがあるものです♡ こちらでは色んな50音をまとめてみました! 【随時更新中♡】

  • 恋愛

ブルゾンちえみの言葉を信じていい?男は本当に寄ってくるの?

ブルゾンちえみの言葉を信じていい?男は本当に寄ってくるの?

テンポのよさとインパクトのあるネタで、人気を集めるブルゾンちえみwithB。ネタの中では、「男は自分から探さず寄ってくるもの」というスタンスをとっています。 現実問題、...

  • 恋愛

男子恐怖症をなんとかしたい…男子恐怖症の原因と克服方法を伝授!

男子恐怖症をなんとかしたい…男子恐怖症の原因と克服方法を伝授!

男子に対して恐怖や嫌悪を感じてしまう事はありませんか?男子恐怖症で悩んでいる女子って結構多いんです…。中には、周りに相談できず一人で苦しんでいる人もいるでしょう。そこで、男子...

  • 恋愛

もっと見る
もどる