【後編】お疲れ女子こそ行くべき!本格執事喫茶でとことん甘やかされてきた♡

【後編】お疲れ女子こそ行くべき!本格執事喫茶でとことん甘やかされてきた♡

38953candy
気になっているけれどなかなか行ける機会がない…そんな気になるスポットへ出かけてレポートしていくCandyPot。
今回は、いま癒されたい女性たちから大注目の「執事喫茶」、その中でも人気の高い「執事喫茶Swallowtail」池袋店へ行ってきました!
前回の【前編】では、予約から着席までをレポート♪
【後編】でもたっぷり甘やかされてきました♡

【前編】もチェック♪

いま、癒しを求めて「執事喫茶」に行ってみたい人が急上昇中♪
でも、実際どんなところなのかわからないし、行くのに勇気がいる…
と、いうことで!
女性だけでなく男性も一度は行ってみたいという「執事喫茶」に行ってみました♪

「どうやったら行けるの」?「どんな人がいるの?」という入店までは【前編】でチェック▼

超本格的なお料理をオーダー

さてさて、「80分制」のティータイムにやってきた私たち。(前編参照)
さっそく席について憧れのアフタヌーンティーセット「Victoria(ヴィクトリア)」(¥3,800-)をオーダーします。
www.butlers-cafe.jp

女子の憧れ♡こういうやつ!!!

この2段の方に…

www.butlers-cafe.jp

こんなに素敵な季節のデザートプレートと紅茶がついてくるセット♡

お料理は3,000円前後のものが多かったかな?
Swalolow tailのお料理はクチコミでも本格的でおいしいと評判が良く、期待していたのですが…
本当においしかった!!
なんというか、「高級なお料理を見た目も楽しみながら時間をかけて食べる」というお嬢様のお食事そのものというか…
「こういう優雅な食事ってお嬢様っぽいよね」と、普段瞬速でラーメンばかり食べている私たちは思うわけです。

もちろんラーメンだって大好きだけど!

3,800円はちょっとお高いかな?と思ったのですが、このお値段で本格的なサービスと美味しい料理を楽しめるとなると、むしろリーズナブルに思えました♡
自然と時間をかけて味わって食べるので、しっかりお腹もいっぱいになりますよ♪
特に紅茶のメニューが多くて迷ってしまうけど、執事さんに聞いたらオススメを教えてくれます♡

無事にオーダーが済むと、ここから執事さんたちの怒涛の甘やかしが始まりました!

執事さんにとにかく甘やかされる!

甘やかしその①紅茶を入れるのはもちろん執事の仕事

ここはまあ、初級編という感じ。
オーダーした紅茶は、美しいフォームで執事さんが注いでくれます。
ティーポットに2杯分くらい入っているので、飲み終わったらまたベルを鳴らして注いでもらうことに。

ちなみにカップは、お嬢様それぞれに似合うものを執事さんがチョイスしてくれます♡
ちゃんとカップのブランドなど説明してくれるのがすごい!
(ここの執事さんは、所作も知識もしっかり教育されている印象…♡)

私は和風の小花柄だった…。地味に可愛いということで良いかしら?

甘やかしその②お嬢様にお皿はさわらせない!

これにはびっくり!
さきほどのケーキ台の1段目のお皿を食べ終わって、普通に2段目のお皿に手を伸ばすと…
どこからともなく執事さんが現れ、
「お皿を入れ替えるのも私どもの役目です。ベルでお呼びください」と!

ほんの少し手を伸ばせばできることだって、執事さんがしてくれる!!

甘やかしその③トイレだって一緒だよ♡

トイレへ立つときも、もちろんベル必須。

ベル鳴らすと執事さんが来てトイレまで連れて行ってくれるのだけど、驚くのがその帰り。
「済んだらドアの前の赤いカーペットでお待ちください」と。
カーペットから私たちのテーブルまで、その距離約5歩
たった5歩の距離でも送り迎えをしてくれる執事さん。

カーペットの上で待ちぼうけだったらどうしようとハラハラしたけれど、すぐに気付いてちゃんと迎えに来てくれました♡

尽くされ慣れていないとこういうことになる…

その他にも、もうあまりに色々な事をしてくれるので、いつベルを鳴らすべきなのかわからなくなる編集部。

編集長「ちょ、いま自分で紅茶にミルク入れちゃったんだけど…
もしかしてベルで呼ぶべきだったかな?
編集部①「うわ~、絶対呼ぶやつだったよそれ!怒られるよ!
編集部②「え?!わたしもミルク入れたいんだけど…でもベルで呼ぶの忍びない…
いいや、一瞬でいれちゃえ!

と、なぜか執事さんに見つからないようにコソコソとミルクを入れる私たち。
堂々とベルを鳴らせばいいのに、普段尽くされ慣れていない人が突然尽くされるとこうなります。

(※後で確認したところ、ミルクは自分で入れて問題なかったそうです。

お砂糖やミルクは人それぞれの好みがあるから自分で調節できるようになんだって♡優しい!)


お見送りは「お出かけの時間」

そうこうしているうちに、あまり執事さんともお話しできないまま出発の時間に…
「お嬢様、お坊ちゃま、そろそろお出かけのお時間ですが準備はよろしいですか?」

そう、ここはわたしのお屋敷なので「外に出る」=「お出かけ」なのです。

実はまだデザートをもぐもぐしていた私たち…
お嬢様気分で優雅に過ごしていると、80分という時間はあっという間に過ぎてしまいます。
お料理をしっかり堪能したい方は、時間をチェックしながら食べたほうが良いかも!
(お屋敷の雰囲気に、どうしても時間を忘れたくなってしまいますが…♡)

席を立ち、お見送りの際も

「では、カボチャの馬車でお送りいたします。」
「行ってらっしゃいませ、お嬢様、お坊ちゃま」

最後まで世界観をくずさないSwallow tail。
あっぱれ!

こうして私たちはカボチャの馬車に乗り、お屋敷を後にしました…

はじめての執事喫茶を楽しむコツ♪

はじめての執事喫茶でその世界観に圧倒されてしまった私たちでしたが、
率直な感想は「とにかく癒された~♡」!!
そして、「マジ本格的すぎる!」!!

普段こんなに甘やかしてもらうことなんてないですからね。
貴重な体験で本当に癒されました♡
そして、初体験で分かった初めての執事喫茶を楽しむコツは2つ!

1、お嬢様になりきってとことん尽くしてもらう!
普段尽くされなれていないと「こんなにしてもらって申し訳ない」という気持ちが芽生えがち。
でも、せっかくの機会なのにそれではもったいない!
ここはとことんお嬢様になりきって、尽くしてもらいましょう♡

2、執事さんとの会話を楽しむ!
初めての執事喫茶に緊張し、ただただその場にいるだけになってしまった私たち。
執事さんに話しかけてみると色々お話ししてくれるそうなので、積極的に話しかけたほうが、もっと世界観を楽しむことができそうです♡
気に入った執事さんがいたら、お名前を聞いてみるのも良いですね♪


お疲れ女子は執事喫茶デビューを♡

とにかく何から何までしてくれて思いきり甘やかしてくれる執事さん♡
見た目もお味も豪華なお食事♡
そしてお屋敷のような空間・・・

日常とかけ離れた世界でとことん贅沢な体験ができるので
・非日常を楽しみたい人
・仕事や学校に疲れている人
・ストレスがたまっている人
・恋愛ご無沙汰女子
などなど、お疲れ女子はこの記事を参考にぜひぜひ執事喫茶デビューをしてみてください♪


関連するまとめ

関連タグ

この記事を書いたライター

ランキング(ライフスタイル)

女子会や宅飲みの鉄板♡“タコパ”に必要な器具や材料とは?

女子会や宅飲みの鉄板♡“タコパ”に必要な器具や材料とは?

女子会や、お誕生日の時にとっても盛り上がる『タコパ』♡ 関西では気軽にできるタコパが、女子会で当たり前のような存在となっています♪ 今回は、そんなタコパに必要な器具・...

  • ライフスタイル

カラオケオールは安く!深夜フリータイムが魅力的なカラオケ@新宿&渋谷

カラオケオールは安く!深夜フリータイムが魅力的なカラオケ@新宿&渋谷

ドリンクバーに女子会、そして持ち込み可... お金がない大学生だもん、カラオケオール(深夜にカラオケをして朝まで過ごすこと)は安くすませたい! 渋谷や新宿にある、深夜時間...

  • ライフスタイル

さあ、出かけよう!!!大阪女子一人旅プラン

さあ、出かけよう!!!大阪女子一人旅プラン

とっても美味しくて、お得で、楽しくて…とにかくディープな大阪。 一人でも楽しい女子旅をプランニングします!

  • ライフスタイル

【自分よりイケメンを紹介してください!】イケメンリレーで最強にかっこいい男子を探してみた

【自分よりイケメンを紹介してください!】イケメンリレーで最強にかっこいい男子を探してみた

実際に街で見つけたかっこいい男子に「自分よりイケメンを紹介してください」とお願いし、その紹介してもらった男子にも同じことをお願いしていく「イケメンリレー」企画。 類は友...

  • ライフスタイル

【もしかして私たち、こじらせてる…!?】こじらせ女子にありがちな4タイプの特徴

【もしかして私たち、こじらせてる…!?】こじらせ女子にありがちな4タイプの特徴

どこかで自意識をこじらせてしまい、素直になれない「こじらせ女子」。本当は、男ウケするファッションのゆるふわ女子がモテると頭ではわかっているのに、それができない! そんな「こ...

  • ライフスタイル

もっと見る
もどる