人間関係を壊したくない時にグループLINEを上手に抜ける方法

人間関係を壊したくない時にグループLINEを上手に抜ける方法

7896candy
私たちの生活にかかせないツールとなっているLINEで。しかし、頻繁に鳴る通知音、コメントの強要など特にLINEグループで疲れてしまっている人も続出している様子。そんな時に、上手にグループから抜ける方法をご紹介します。

LINEグループを抜けたいけど…

朝から晩まで毎日鳴りやまない通知音、

スタンプの連発やコメントの強要など

便利なLINEですが、嫌な面もありますよね。


そのためLINE疲れやトラブルが問題になることも。


特にグループLINEを抜けたいと思っている人が多いようです。

しかし、グループLINEの退出は皆にバレてしまう…

人間関係が悪くなるよりだったらこのままでいいや…と

LINE疲れを我慢してしまう人の方が多いですよね。


そんな方のために、LINEグループを

上手に抜ける方法を一緒に見ていきましょう!

グループLINEを抜ける方法 1.データ整理のため

スマホの容量が重くなってきた、

LINEアプリが重くなってきたなど

データを整理するためという理由を使いましょう。


そういえばデータ整理終わった?等と聞かれた場合、

画像整理に手間取っているなど

データ整理が長引いていることを伝えてみましょう。

グループLINEを抜ける方法 2.忙しくなるため

資格の試験が近い、仕事の繁忙期であるなど

これから忙しくなったり、

集中したい出来事があることを伝えてみましょう。


伝える際に、具体的に日程を告げずにいましょう。


忙しいと言っている人に連絡は取りづらいものですし、

LINE関係のトラブルも減少します。

グループLINEを抜ける方法 3.LINE疲れのため

もともとLINEのやり取りなどが

マメなタイプではないことをアピールしましょう。


そこで、LINEグループが嫌なのではなく、

LINEやメールなどが苦手であることを伝えましょう。


そして、LINEを一旦休憩することを伝えてみましょう。

グループLINEを抜ける方法 4.LINEをやめる

LINEアプリやスマホがおかしくなった

間違って削除してしまったなど

理由はどれでもいいですが

LINEをやめてみるのもいいでしょう。


実際はLINEを削除していなくても

削除したフリをしてみるのも方法のひとつです。

LINE休憩を取ってみよう

LINEは簡単にメッセージを送れて

やり取りがしやすいツールです。

便利な反面疲れてしまうこともありますよね。


そんな時は、皆がLINEをやっているから…と

周りを気にしたりせずに

LINEを休憩してみることもいいのではないでしょうか。


LINEやFacebook、インスタなど

SNSの繋がりだけが全てではありません。

時には繋がらない勇気を持つことも必要です。


大切なのは、あなたの心が疲れてしまわないことです。



関連するまとめ

関連タグ

この記事を書いたライター

ランキング(ライフスタイル)

女子会や宅飲みの鉄板♡“タコパ”に必要な器具や材料とは?

女子会や宅飲みの鉄板♡“タコパ”に必要な器具や材料とは?

女子会や、お誕生日の時にとっても盛り上がる『タコパ』♡ 関西では気軽にできるタコパが、女子会で当たり前のような存在となっています♪ 今回は、そんなタコパに必要な器具・...

  • ライフスタイル

さあ、出かけよう!!!大阪女子一人旅プラン

さあ、出かけよう!!!大阪女子一人旅プラン

とっても美味しくて、お得で、楽しくて…とにかくディープな大阪。 一人でも楽しい女子旅をプランニングします!

  • ライフスタイル

カラオケオールは安く!深夜フリータイムが魅力的なカラオケ@新宿&渋谷

カラオケオールは安く!深夜フリータイムが魅力的なカラオケ@新宿&渋谷

ドリンクバーに女子会、そして持ち込み可... お金がない大学生だもん、カラオケオール(深夜にカラオケをして朝まで過ごすこと)は安くすませたい! 渋谷や新宿にある、深夜時間...

  • ライフスタイル

【もしかして私たち、こじらせてる…!?】こじらせ女子にありがちな4タイプの特徴

【もしかして私たち、こじらせてる…!?】こじらせ女子にありがちな4タイプの特徴

どこかで自意識をこじらせてしまい、素直になれない「こじらせ女子」。本当は、男ウケするファッションのゆるふわ女子がモテると頭ではわかっているのに、それができない! そんな「こ...

  • ライフスタイル

【共感の嵐!】ジャニオタあるある20選

【共感の嵐!】ジャニオタあるある20選

今も昔も人々の心を掴んで離さないジャニーズ。 そのジャニーズを追っかけ、いつの世も日本の経済を少なからず支えているジャニオタには、彼女達ならではの“あるある”が存在します。...

  • ライフスタイル

もっと見る
もどる